相続対策はこれで安心!「家族信託」まるわかりガイド【東京編】 » 相続のトラブル事例から学ぶ!困らない為にしておきたい「家族信託」 » 高齢者の財産管理を家族信託で行うことについて

高齢者の財産管理を家族信託で行うことについて

日本もどんどん高齢化社会に向かい、財産管理の不安を抱えている人たちも相当多いでしょう。

そのような問題を解決するために、家族信託という制度もかなり有効的に利用することが出来ます。

家族信託のメリット

今後家族信託の制度を知っておくといろいろなメリットがあるでしょう。家族信託が現在一番多く利用されるシーンは、まさに現代社会での人口が急増している認知症に対してです。

段々と両親が高齢化してしまい、自身で財産管理が出来ないというケースもあるでしょう。そのとき、多くの流れでは、子供さんが両親に代わって財産の管理・処分を行っていくことになります。

ただし、財産はあくまでも両親のものであり、子供さんのものではありませんよね。

このようなケースでは、いろいろ複雑な厄介な問題も抱えてしまうことになります。

高齢者の方に代わって財産管理

家族信託の制度を利用することで、受託者の家族が、高齢者の方に代わって財産管理を行うことが出来ます。将来、親が認知症になってしまって成年後見人が選任されるようなケースでも、家族信託の設定内容に従い、受託者の家族が、引き続いて財産を管理・処分をすることが出来ます。

受託者によって必要な契約や家賃の受領などおこなえる

もしも、高齢者の方々が、認知症になってしまったとして、その方が、アパート等の賃貸用の不動産を所有していた場合、家族信託の制度を利用すれば、受託者によって、アパートに関する必要な契約や家賃の受領と言ったものを行うことが出来ます。

更に、高齢者の方々が認知症になってしまったケースで、今まで孫のために金銭贈与を毎年続けていたというケースで、家族信託の制度を利用することで、今後は受託者が続けて孫に贈与することが出来るようになります。

ケーススタディー

現代社会は、まさに高齢化社会の時代です。どなたにとっても、将来に対してのいささかの不安があるでしょう。

高齢化したお母さんの代わりに、資産を組み替えして相続対策をしたいという方もいます。

そのような時にも、家族信託という制度が有効的に活用することが出来ます。

お母さんには約1億5千万円の預貯金という財産が。

お母さんは、お父さんから相続し銀行に預けたままだったということです。

息子さんの現在の不安は、このままの状態にしておけば、今後お母さんが亡くなって相続した時、膨大な相続税がかかってしまうことに対しての懸念です。

今のうちから相続税対策をしておこうと考えるのは、自然な発想でしょう。

抑えておかなければならないポイントは、お母さんが認知症になってしまうことで、資産は自由に扱うことが出来ないように即凍結されることです。お母さん自身が、財産管理や運用など行えばいいのですが、高齢者で、なかなかそのようなものに向きあうのは現状では厳しいでしょう。

そのようなとき、所有している現金を信託財産として、息子さんがお母さんに代わって運用・管理する選択肢を取ります。そのような方法によって、息子さんは、収益不動産を購入することが出来、現金を、賃貸住宅に変えることで相続税評価額を大きく削ることに成功出来ました。

このような方法によって、お母さんに対してそれ程負担をかけない状態で、有効的な相談税の対策に踏み込むことが出来ます。

お母さんも、家族信託という制度を利用すれば、息子さんだからこそ安心して任せることが出来、将来、息子さんに膨大な相続税を支払いさせなければならない不安からも解消することが出来ます。

購入した不動産は、受託者の息子さん名義であり、家賃の収入は、信託口座に振り込みされます。家賃収入は、受益者であるお母さんが自由に使うことが出来ます。家族信託という制度は、老後の生活にも安心感をもたらしてくれることでしょう。

いかがでしょうか。もっと家族信託の制度について知りたい、興味があるという方々は、無料で相談できる司法書士事務所に相談してみてはいかがでしょうか。

\東京で家族信託の相談先をお探しなら/
「無料で相談できる」司法書士事務所はコチラ