相続対策はこれで安心!「家族信託」まるわかりガイド【東京編】 » 相続のトラブル事例から学ぶ!困らない為にしておきたい「家族信託」

相続のトラブル事例から学ぶ!困らない為にしておきたい「家族信託」

相続には、さまざまなトラブルがついてまわるもの。兄弟間の争いであったり、思わぬ費用の発生であったり、本来払わなくてよい税金を払うことになってしまったり…。

そんななか近年注目されているのが「家族信託」という制度です。家族信託は財産管理法のひとつであり、遺言や成年後見制度では実現できないことも可能な制度として、非常に注目が高まっています。ここでは、相続でよく起こっている実際のトラブル事例を挙げながら、家族信託の有用性を紹介していきます。

相続トラブル事例から「家族信託」の活用例を紹介

家族信託という制度は、さまざまな活用法がありますが、とくに以下の3つのケースにおいては有効的といえるでしょう。まずは簡単にまとめてみたので、詳しく知りたいという方は、ぜひそれぞれの詳細ページをご覧になってみてください。

不動産の家族信託について

不動産が関わる相続においては、非常にトラブルが多いのが現状です。とくに、実家の空き家を相続した場合や、田舎の土地を相続した場合、また親がアパート・マンション経営をしている場合や、農地の相続においてもトラブルはつきものです。

これらの不動産を相続するケースにおいて、家族信託がどのように有効的なのか詳しく紹介します。

不動産を相続する際の家族信託活用例を見る

知的障がい・精神障がいのある子供への相続について

障害のある子供がいるご家族の間で、1番心配になるのが自分達が亡くなった後のわが子の将来ではないでしょうか。わが子の将来を守るためにも、家族信託は非常に役立つ制度といえます。ここでは、実際に起こっているトラブル事例とともに、家族信託で回避できることを紹介します。

知的障がい・精神障がいのある子供への相続について見る

親が認知症になった場合の家族信託ついて

親が認知症を発症してしまってからでは、いくら家族といえど、自由に財産管理、資産運用が行えないケースも多くあります。そんな親の認知症発症による財産凍結の防止にも、家族信託が非常に有効な手段となります。ここでは、実際に起こっているトラブル事例とともに、家族信託を利用することで得られるメリットを詳しく見ていきましょう。

親が認知症になった場合の家族信託について詳しく見る

農地の家族信託について

田舎に暮らしている親が所有する農地を家族信託することはできるのか、またその際に必要な手続きについても解説しています。

農地を家族信託について詳しくみる

\東京で家族信託の相談先をお探しなら/
「無料で相談できる」司法書士事務所はコチラ