相続対策はこれで安心!「家族信託」まるわかりガイド【東京編】 » 相談先でみる家族信託の違い » 税理士

税理士

柔軟な相続対策を可能にしてくれる制度として非常にメリットの多い家族信託ですが、この家族信託のメリットをしっかり得るためには、専門家に依頼するのがベターです。一般的には司法書士や弁護士に依頼することが多いですが、税理士も選択肢のひとつではあります。

このページでは、家族信託の手続きを税理士に依頼した場合のメリットや、費用などについてまとめています。家族信託を検討している方はぜひご参考に!

「税理士」に家族信託を依頼するメリットとは?

家族信託は、相続トラブルを避けるための対策として非常に有効な制度ですが、節税対策としては、通常はあまり利用されません。

しかし、事業承継が絡んでいるケースなどにおいては、節税となることもあります。「家族信託を節税対策として利用したい」と考えている場合は、税理士へ依頼すると心強いかもしれませんね。また、家族信託は通常の相続や贈与とは違うため、どのような税金がかかって誰が納税者になるのか…と、税金面において分かりにくい点があります(基本的には「受益者」が納税の義務を負います)。この辺りの見落としによって、想定外の税金を払う事態になるのを防ぐという意味でも、税理士に相談するのもひとつの手かもしれません。

税理士の費用相場・報酬について

相続発生前の生前対策の相談で、1時間2万円程度の相談料を設定している事務所もあれば、家族信託が必要かどうか診断、提案書の作成などで、10万円を設定している事務所もあります。このように、税理士事務所によって料金体系はさまざまです。(実際に家族信託をする際の費用は、これとは別途で発生します。)

ちなみに、不動産信託の場合は名義変更手続きとして、司法書士報酬15万円が別途必要になります。

税理士にワンストップのサービスは期待できない

節税におけるアドバイスなど税理士に依頼するメリットもありますが、税理士は、不動産の登記申請などは行えません。

家族信託は多くのケースで不動産の登記が必要になるので、その点を考えると、登記のプロである司法書士に依頼するのが効率良いといえるでしょう。ワンストップのサービスが受けられ、弁護士と比べてコストも抑えられます。家族信託を考えているなら、まずは相談料なども比較的良心的な司法書士へ相談してみるのがおすすめです。

このサイトでは、無料で家族信託や相続について相談できる司法書士事務所を厳選して紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

\東京で家族信託の相談先をお探しなら/
「無料で相談できる」司法書士事務所はコチラ