相続対策はこれで安心!「家族信託」まるわかりガイド【東京編】 » 相談先でみる家族信託の違い » 弁護士

弁護士

最近注目を集めている財産管理法「家族信託」。活用の仕方によって節税をはじめさまざまなメリットを生む優れた制度ですが、その家族信託のメリットをしっかり享受するためにも、専門家に依頼するのが得策といえます。選択肢としては司法書士・弁護士・税理士などが挙げられますが、ここでは、家族信託の手続きを弁護士に依頼した場合のメリットや報酬について紹介します。

弁護士に家族信託を依頼するメリットとは?

家族信託の手続きを弁護士に依頼することの一番のメリットは、やはりトラブル対応に優れているところ。弁護士はご存じのとおり、トラブルを解決するプロです。そのため、すでに揉めてしまっている人や、揉めそうな予感がしている人にはとくに適しているといえるでしょう。

しかし、気になるのがその費用。弁護士費用は高いというイメージがありますよね。弁護士報酬は自由化されているため事務所によっても料金体系は異なりますが、司法書士など他の専門家に比べると、やはり高額な費用になってしまうでしょう。ちなみに争続トラブルの着手金は20万円以上かかるのが一般的です。

弁護士の費用相場・報酬について

気になる弁護士費用について、判断基準になる相談料や訴訟費用の相場をまとめてみました。もちろん事務所によって異なりますが、参考にしてみてください。

法律相談

  • 初回相談料…30分5,000円~10,000円までの範囲内
  • 一般法律相談料…30分5,000円~25,000円以下

書面相談

  • 鑑定料…特殊事例でないときは、10~30万円以下

民事事件(訴訟事件)など

報酬金 300万円以下の場合、16%
300万円以上3,000万円以下の場合、10%+18万円
3,000万円以上3億円以下の場合、6%+138万円
3億円以上の場合、4%+738万円
着手金 300万円以下の場合、経済的利益の8%
300万円以上3,000万円以下の場合、5%+9万円
3,000万円以上3億円以下の場合、3%+69万円
3億円以上の場合、2%+369万円

※参考:(旧)日本弁護士連合会報酬等基準

できれば費用は抑えたい、とくに相続で揉めていないのであれば、まずは司法書士へ相談してみるのもおすすめです。司法書士であれば、不動産登記までワンストップでお任せできるうえに、コストも比較的抑えられます。

このサイトでは無料で相談できる司法書士事務所を厳選して紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

\東京で家族信託の相談先をお探しなら/
「無料で相談できる」司法書士事務所はコチラ