相続対策はこれで安心!「家族信託」まるわかりガイド【東京編】 » 相談先でみる家族信託の違い » 司法書士

司法書士

新たな財産管理のかたちとして注目を集めている家族信託。活用の仕方によって相続トラブルの回避をはじめとしたさまざまなメリットを生む優れた制度ですが、そのメリットをしっかり享受するためにも、専門家に依頼して手続きを進めてもらうのが安心です。ここでは、司法書士へ依頼するメリットや報酬の相場などについてまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

「司法書士」に家族信託を依頼するメリット

家族信託の手続きを司法書士に依頼することの最大のメリットは、「面倒な不動産手続きをスムーズに進めてくれる」という点でしょう。

そもそも司法書士とはどんな職業なのかというと、専門的な法律の知識に基づいて、登記及び供託の代理、裁判所や検察庁、法務局等に提出する書類の作成提出などを行っています。不動産の名義変更を行う専門家です。

家族信託では、ほとんどの方が不動産に関する手続きが必要となるため、登記申請の代理や法務局等への提出書類を作成してくれる司法書士は適任といえます。さらに、家族信託や相続関連業務に力を入れている司法書士であれば、その実績を生かしてより有効的な家族信託のプランを提案してくれることでしょう。

財産に不動産がある場合は、司法書士に相談するのがおすすめ

行政書士、税理士は不動産の名義変更を業務として行う事は出来ません。そのため、別途で司法書士に依頼する必要がでてきます。ちなみに、弁護士がこの業務を行う事は違法ではありませんが、専門的に扱えるかどうかは別の話です。その為、不動産を持ち、家族信託を検討している場合は、相続関連に詳しい司法書士に相談するのが賢い選択と言えるでしょう。家族信託だけにとらわれず、遺言など色々な制度との組み合わせで、あなたにぴったりな方法を提案してくれるはずです。

司法書士の費用・報酬相場

初回相談は、無料で対応してくれる司法事務所が多いようです。
信託財産に不動産がないケース 30~70万円以上
信託財産に不動産があるケース 50~100万円以上

家族信託にかかる一般的な費用目安

専門家へのコンサルティング費用:30~80万円程度

コンサルティング費用はそれぞれの司法書士によって決められており、一律ではありません。一般社団法人家族信託普及協会が目安として提示しているコンサルティング料は、以下のようになっています。
信託財産の評価額が1億円以下 評価額の1%(最低額30万円)
信託財産の評価額が1億円以上3億円以下 評価額の0.5%

公正証書作成の代行費用:10~15万円程度

公証役場での公正証書作成を司法書士に代行してもらうための費用です。これも司法書士によって様々ですが、おおよそ10~15万円を想定しておくといいでしょう。

公正証書の作成費用:3~10万円

構成役場で公証人に公正証書を作成してもらうための費用です。財産額や契約内容によって変動しますが、通常は3~10万円となります。

※信託財産に不動産が含まれる場合は、以下の費用も追加

  • 司法書士への登記依頼費用…8~12万円程度
  • 登録免許税…不動産固定資産評価額の0.3~0.4%

一見すると高額な費用に思えますが、他制度を利用した場合にかかる費用や家族信託でしか実現できないメリットなどを考えると、決して高くはないと思います。なお、家族信託の手続きにかかる費用は、信託する財産の種類や金額によって大きく変わってくるという点も頭にいれておくとよいでしょう。

依頼~完了までの流れ

家族信託では、司法書士への依頼からその完了まで、平均して2~3ヶ月程度です。ここでは、依頼から完了までの流れを簡単に見ていきましょう。

1、司法書士に依頼

司法書士について、報酬やどこまでのサポートをしてくれるかを事前に調べ、どこに依頼するかを決めます。

2、司法書士が提示した家族信託プランを選ぶ

それぞれの家族信託の目的に合わせ、司法書士がいくつかのプランを提示してくれます。プランの仕組みやメリット、デメリットをしっかりと理解して、自分のニーズに最も合致したプランを選びましょう。

3、司法書士が家族信託契約書文案を作成する

プランが決まったら、それに従って司法書士が家族信託契約書文案を作成します。書類が完成したら司法書士から説明を受けるので、契約内容についてしっかり確認しておきましょう。

4、公証役場で家族信託契約書を作成する

文案が完成したら、司法書士が公証役場にて家族信託契約書を作成します。これには、依頼者も同行する必要があります。本人が行くのが難しい場合は、公証人が自宅などに出張してくれるサービスもあります。

5、不動産がある場合は信託の登記申請を行なう

家族信託を行なう財産の中に不動産がある場合は、法務局に登記申請を行います。これについては司法書士がほとんど代行してくれるので、依頼者がやるのは署名や押印くらいです。

6、家族信託専用の銀行口座を作る

全ての手続きが終わったら、最後に家族信託専用の銀行口座を作ります。この口座が作れる銀行は限られていますが、家族信託専用の銀行口座は非常に重要です。経験豊富な司法書士であれば、どの銀行で家族信託専用の銀行口座を作れるのか知っていますので聞いてみましょう。

\東京で家族信託の相談先をお探しなら/
「無料で相談できる」司法書士事務所はコチラ