相続対策はこれで安心!「家族信託」まるわかりガイド【東京編】 » 「家族信託」をわかりやすく解説! » 信託管理人・信託監督人の役割とは

信託管理人・信託監督人の役割とは

自分の大切な財産の管理・運用は、自分が亡くなったあとや十分な判断能力をなくしてしまったあとだときちんとできなくなる可能性があります。それを避けるために、信頼できる家族を受託者として設定し、遺された財産を正しく管理・運用できるようにする制度、それが家族信託です。当然、受託者には任された財産を正しく管理・運用する義務があります。しかし、場合によっては受託者としての義務を正しく果たさず、任された財産を私的に浪費してしまうようなケースもあるでしょう。そうしたことがないようにするためには、受託者を監督する立場の人が必要です。それが、信託管理人、信託監督人なのです。

信託管理人の役割

家族信託においては、信託契約の段階でまだ受益者が生まれてきていなというケースも考えられます。こうしたケースでは、まだいない受益者に代わって、本来なら受益者が有する受託者を監督する権利を行使できる立場が必要になります。これが信託管理人です。なお、受益者が生まれたばかりの赤ん坊であったとしても、受益者が現存する場合は信託管理人を置くことはできないので注意が必要です。また、信託管理人と信託代理人は似ているようで異なる立場です。信託管理人は受益者が現存しない場合、その代わりに受益者の持つ権利を行使する立場ですが、信託代理人は受益者の判断能力が低下していたり幼い子であったりする場合に、その代理となる立場です。受益者が家族信託を行う際にいる・いないというのが違いとなります。

信託監督人

そもそも信託とは、受益者のための財産管理制度です。そのため、受託者は受益者の要望を最大限尊重しなくてはいけません。しかし、受益者によっては、自分の要望をしっかりと受託者に対して表明できない、もしくは受託者の行う信託事務の監督ができない場合があります。受益者が未成年であったり、十分な判断能力や意思決定能力を持たない高齢者や障害者であったりする場合がそれに当たります。こうした場合、受益者に代わって信託事務が適切に行われているかどうかを監督する立場が必要になります。これが信託監督人です。なお、信託契約書の中に信託監督人を設定する定めがない場合でも、利害関係人が裁判所に請求すれば信託監督人を専任してもらうことができます。

\東京で家族信託の相談先をお探しなら/
「無料で相談できる」司法書士事務所はコチラ