相続対策はこれで安心!「家族信託」まるわかりガイド【東京編】 » 「家族信託」をわかりやすく解説!

「家族信託」をわかりやすく解説!

相続対策として最近話題の家族信託。「オーダーメイド型の相続対策」として注目されており、従来の相続対策や成年後見制度ではできなかったようなことも実現可能なため、徐々に利用者が増えてきています。ここでは、家族信託の仕組みについて、分かりやすく解説します。

家族信託とは?

財産を持つ方が、信頼できる家族に自分の資産を預け、財産の管理を行う仕組みです。ここでは、親と子供で家族信託を行ったケースをもとに説明します。

家族信託の仕組み

父親が暮らす実家や預金の運用や管理を息子が行います。

仮に、何も対策をせず、父親が認知症を発症してしまった場合、実家を売却することも定期預金を解約することもできなくなってしまいます。

しかし、父親が判断能力があるうちに家族信託をしておけば、認知症になった後も、契約内容に基づいた運用管理が自由にできます。これなら、実家を売ったお金や預金で父親を介護施設へ入居させるための費用にあてることも可能なのです。

家族信託は、認知症対策としても有効

家族信託は、委託者(親)が認知症を発生した後でも信託の契約や効力が継続され、資産の積極的な運用や財産の活用が可能なので、本人の意思を反映した利用ができます。

家族信託を検討した方が良い人とは?

では実際に、どのような人が家族信託を検討すべきなのでしょうか?

親が高齢のため、財産管理に不安を感じている。

田舎にある自宅に親が一人で住んでいて、将来は老人ホームに入居させる予定がある。

将来的には、不動産を動かす可能性があるが、所有者が高齢である。

遺言書を書くことをしぶる親がいる。

障がいを持つ子がいて、将来の財産管理が心配である。

家族信託の制度について

家族信託の流れ

家族信託の手続きの流れや注意点をまとめています。実際に家族信託の契約をする場合、どのような手続きが必要になるのでしょうか?

家族信託の流れについて詳しく見る

家族信託のメリット・デメリット

柔軟性の高い制度ということで、最近注目されている家族信託ですが、メリット・デメリットについて詳しく解説します。

家族信託のメリット・デメリットを詳しく見る

家族信託の費用はどれくらい?

やはり気になるのがその費用ではないでしょうか。家族信託の手続きに必要な費用は、大きく分けて6種類あります。ここでは、内訳と各項目ごとの相場についてまとめています。

家族信託の費用について詳しく見る

家族信託にかかる税金はいくら?

家族信託にかかる税金は一体いくらなのか、また家族信託した不動産に税金はかかるのかについて解説。

家族信託にかかる税金について詳しく見る

商事信託と民事信託の違い

商事信託と民事信託の違いをまとめています。信託にはさまざまな形態があり、その違いについて知っておくことは重要です。商事信託と民事信託の違いを学び、自分にとって有効な形態の信託を使えるようにしましょう。

商事信託と民事信託の違いについて詳しく見る

家族信託と生命保険の違いと共通点

家族信託と生命保険は、どちらも自分が亡くなったあとに残される家族や親族のための制度です。では、両者にはどのような共通点や違いがあるのでしょうか。家族信託の共通点と違いを見ていきましょう。

家族信託と生命保険の違いと共通点について詳しく見る

家族信託の遺留分の扱い

相続人が「最低限これだけの財産は相続させてほしい」と主張できる財産の取り分を遺留分と言います。では、家族信託ではこの遺留分の扱いはどうなっているのでしょうか。家族信託と遺留分の発生について見てみましょう。

家族信託の遺留分の扱いについて詳しく見る

家族信託の種類

家族信託にはさまざまな形態があります。自分の事情に合わせた家族信託を選択できれば、自分の財産を有効・安全に信託できるようになるでしょう。ここでは、3種類の家族信託の形態について解説していきます。

家族信託の種類について詳しく見る

家族信託の注意点

家族信託は自分が亡くなったあとや十分な判断能力を失ってしまったあとでも、残された人に財産を正しく管理・運用してもらえる便利な制度です。しかし、家族信託を有効に利用するためには、気をつけなくてはいけない注意点があります。

家族信託の注意点について詳しく見る

家族信託における指図権者・同意権者

家族信託における信託事務は、受託者によって正しく行わなくてはいけません。そして、受託者が正しく信託事務を全うするには、指図権者や同意権者が不可欠です。ここでは、指図権者と同意権者の役割を学んでいきましょう。

家族信託における指図権者・同意権者について詳しく見る

家族信託における信託管理人・信託監督人

家族信託においては、受託者が任された財産を正しく管理・運用しなくてはいけません。しかし、受託者となるべき立場の人がまだ生まれていなかったり、何らかの理由で信託事務の遂行が困難となったりする場合があります。そこで必要なのが信託管理人・信託監督人です。

家族信託における信託管理人・信託監督人について詳しく見る

家族信託って一体何ができるの?よくある質問まとめ

家族信託という制度は理解できたけれど、これってどうなの?と疑問が浮かぶケースもあると思います。ここでは、よくある質問について紹介しますので、ぜひご一読ください。

年金を家族信託することはできる?

年金を家族信託
A:できません。

「年金受給権」は国民年金法や厚生年金保険法で譲渡が禁止されています。そのため年金受給権は信託できません。また、年金は本人名義の口座にしか振り込んでもらえないため、受託者が作った信託口口座に直接振り込んでもらうこともできません。つまり、信託後も、年金は本人名義の口座に振り込まれることになります。

委託者の判断能力があるうちは、貯まった年金を委託者自身が受託者の信託口口座に振り込んで「追加信託」することもできます(信託契約書に「追加信託」できる旨を定めておく)。しかし判断能力がなくなった場合、この追加信託をするという判断もできなくなります。この点は注意が必要でしょう。

ペットは家族信託できる?

ペットを家族信託
A:できます。

家族信託の利用により、ペットの飼育代金をあらかじめプール(信託財産として信託口口座で管理)し、信頼できる人を受託者に選任して飼育代の管理を委託できます。

受託者本人が実際にペットを飼育する必要はなく、ペットを飼育してくれる施設等に預けて飼育代金を支払います。この方法によって、飼育状況を確認でき、専門家による飼育でペットも幸せに暮らせるので飼い主も安心です。

\東京で家族信託の相談先をお探しなら/
「無料で相談できる」司法書士事務所はコチラ